2013年10月01日

共有とか見える化とか

愚痴になりますので、ご注意を。

さて、情報共有とか見える化とかいう言葉がありますが、メーカーで開発してる身分ではこの情報共有とか見える化という言葉は無駄な業務をいっぱい増やしてくれるいい迷惑な言葉に思えてなりません。

否定しているわけではないけど、情報共有とか見える化をよく口にする人はかなりの確率で
「とりあえず技術はよく分からんけど監視はさせろ!」
「監視してやるから資料を作れ!」
なんですよね。

で、レビューでは技術ある人じゃなくて立場で人選されるから、ダメな回路とかアルゴリズムとかコードでも内容はあまり吟味されなくて、資料の出来をああだこうだ文句をつける・・・

誰がどんな技術持ってて、ちゃんとレビューなりフォローなりしてもらえばもっといいものができるんだと思うんです。
というか、ノウハウの共有とか資料ではなく、こういう生きた教材的なもので引き継ぐのが理想的な気がするんです。

資料を見れば分かるようにノウハウをまとめろとか、レポートを書けとかもいいんですが、開発期間が短いし、残業を減らせとか言うなら資料作りが増えるのはもう少し何とかしないといけないし、やっぱりOJTで話を聞きながらってのが一番ノウハウの伝授には有効ではないかと。

そして、良いチームっていうのはメンバー同士のコミュニケーションがうまくいっててノウハウの伝授とかだれがどんな技術持ってるとかがちゃんと把握されてて、上司も監視させろとは言わないのに自然とメンバーが技術を習得してちゃんとした対応ができて、信用される人材になるんですよね。

資料を作るのが面倒なダメエンジニアの愚痴でした。
posted by luuuuga at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/376325474
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。