2013年06月05日

Excel 2010でVBAマクロ作成

かなり今さら感がありますが・・・

最近、VBAマクロを作ったりしなくなってたんですが、久々にマクロが便利そうな作業が発生したので久々に書いてみるかと思い立ち、いざExcel 2010でVBAの画面を開こうとしたら、VBAの項目が見つからずかなり無駄な時間を費やしました。

ということで、VBA画面出すメモ記事です。

まず、Excel 2010を立ち上げ、「データ>データ分析」を「“右”クリック」。
「リボンのユーザー設定」を選択して現れたWindowの右側の「メインタブ欄」の下に「開発」という項目があり、そのチェックボックスにチェックを入れてOKを押す。

すると、「表示」の横に「開発」というタブができて、そのタブを開くとVBAがあります。

あぁ、ITリテラシーの低いおっさん化が進んでいきそうだ・・・

posted by luuuuga at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365337682
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。