2012年12月15日

3軸ジャイロと加速度センサを使ってみる

ジャイロスコープと加速度センサをmbedにつないでみた。
使ったものとは違うけど、ジャイロと加速度乗ったモジュールはAmazonでも買えるみたいですね。

ジャイロと加速度モジュールへの電源はmbedの3.3V_OUT端子使って、センサ情報はSPIかI2Cで読み出せるみたいだったのでとりあえずI2C使ってみることに。ちなみに、↑で紹介したモジュールはI2Cのみっぽいです。

作るものはジャイロと加速度といえばエアマウス?ということでmbedのHandbookからUSBMouseを参考にマウスとしてPCに接続できるようにしておいて、HandbookのI2Cマスターを参考にI2C使えるようにしておいて、センサの仕様書見つつ初期化とセンサー情報読み出しと読み出しデータからカーソル動かす量を計算するプログラム作ったらあっさり動いた。

mbed恐るべし・・・

せっかくNexus7とmbedはBluetoothで接続できるし、mbed経由でNexus7からPC操作を試してみようかな。

その前にmbedでカメラ使ってみたいな。
posted by luuuuga at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/307859290
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。