2012年11月18日

さくらエディタ導入

PC新調してからWindowsでコードいじったりしてなかったから特にエディタは入れてなかったけど、mbedのコンパイラーのエディタだと色々使いにくいので、ソースをローカル環境で書くためにさくらエディタ導入。

SakuraDown使うと必要なものDLしてくれるので楽。

正規表現ライブラリと拡張子関連付けツールはDLに失敗したけど、特に必要ないから無視。

mbedのソースはワークスペースのDLしたいプログラムを右クリック⇒Exportで出力形式をZipとか適当なもの選ぶとローカルに持ってこれる。

ローカルからはImportでLocalMachine選んで変更したプログラムを選択。

これで編集しやすくなった。

※11/23追記
mbedのコンパイラにImportする場合、ファイル1つしか読み込めないのでzip形式等にすると一式Importできる
posted by luuuuga at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境立上げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。