2012年09月29日

Ubuntu入れてみる

ただのひとが宝の持ち腐れ的なスペックの安いPC入手したのでWindows7とUbuntu12.04 64bit版のデュアルブートにしてみた手順を数回に分けてメモ。
小心者なので、Windowsは安全に保ったままUbuntuをブート出きるようにしてみた。

手順としては
1.諸先輩方のブログ調査
 本来は参考ページリンクするんだろうけど、いっぱいあるから割愛
 ちゃんと読めば意外と簡単。

2.Ubuntu12.04LTSをDL
 サーバーじゃないのでデスクトップをDLする。
 http://www.ubuntu.com/download/desktop
 注意:32bitと64bitがあるからしっかり確認
 CDに焼けばいいみたいだけど、USBの方がいいかなということで、

3.USBインストーラー作成ソフトDL
 Universal USB InstallerっていうソフトでUSBブート出きるようにする。
 http://www.pendrivelinux.com/universal-usb-installer-easy-as-1-2-3/
 注意:しっかり確認しないと変なのDLするかも?

4.Universal USB Installerを使ってUSBメモリにUbuntu12.04LTSインストール
 USBメモリを挿して、Universal USB Installer立ち上げて、Stepにしたがって必要事項設定
 ※USBメモリの使用容量は750M程度です
 Step1:"Ubuntu 12.04 Desktop"を選択
 Step2:手順2でDLした.isoファイルを選択
 Step3:USBメモリのドライブを選択
 Step4:USBメモリの容量を設定(確認)

5.HDDのパーティション分け
 http://www.lifehacker.jp/2009/11/windows_7ubuntu.html
 を参考に、まずはWindowsがインストールされてる部分を縮小。
 私は、Ubuntu用に80Gほど空けました。

6.PC再起動
 再起動時、Biosメニューで起動をHDDよりUSBを上位に設定するか、
 F8とかF12(PCごとに違う)押してブートするディスクを指定して
 Ubuntuを立ち上げる。
 インストールせずに立上げを選ぶ。

7.ネットワーク設定
 Ubuntu立ち上がったらネットワーク設定。
 FireFox立ち上げて接続確認と、Google先生へのコネを作っておく。

8.パーティションをわかりやすくしとく
 ここは特に必要ないかもしれないけど、自分のやった手順にそって。
 左上のインストーラーのさらに左上の紫色のアイコンクリックすると最近使ったアプリとかの画面が出てくるのでそこで"Gparted"を検索し、立ち上げる。
 自分で空けたHDDの領域を選択し、右クリックで"New"をクリック。
 フォーマットなしですべての領域をext4にしておく。
 すると"/dev/sda*"ってのが出来上がる(*は数字)この"sda*"は後で重要なので覚え(メモ推奨)

9.Ubuntuのインストール
 左上のインストーラーアイコンをダブルクリック。
 1.最初の画面で日本語選択
  注意:日本語選択しとかないと、インストール後日本語立ち上がらないとかなるかも?
 2.次の画面で空き容量とネット接続確認のチェック
  私はアップデートだけ有効にして、サードパーティはチェックしませんでした。
 3.次の画面でインストールの種類を選択
  "それ以外"を選択。
  パーティションを自分で指定するためです。
 4.インストールするパーティションの指定
  手順8で作ったパーティション"sda*"の場所を選択(ダブルクリック)し、ext4でフォーマットするようにして、「ブートローダーをインストールするデバイス」に"sda*"を選択する。
 5.地域の指定
  日本在住なら東京を選択(確認)
 6.キーボード設定
  お試しBoxに色々打ってみて正しく表示されるものを選択
 7.情報入力
  適当に設定
 8.コーヒーブレイク
  インストール完了まで待つ
 9.再起動
  以上でUbuntuのインストール完了
  →Windowsが立ち上がるけど心配なさらず。

10.起動後
  何もしないと普通にWindows7が立ち上がる。
  Ubuntuを立ち上げるための設定をWindows7でする。
  けど、今回はここまで。
 
posted by luuuuga at 12:26| Comment(0) | Ubuntu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。